Cinderella Log

アイマスイベ、ライブ、アニメ感想など。

劇場版艦これ

Cinderellaとかいうブログタイトルにしながら3つ目の記事にて艦これの話になってしまった。


劇場版艦これを見てきました。

以下ネタバレを含みます。反転でどうぞ。

演出が下手で盛り上がりに欠ける

・会話が長すぎる
たとえば夕立と睦月の「如月ちゃんにこんな痣あったっぽい?」の件とかは
如月の痣をアップ+不穏なBGM+心配そうな顔、などで表現できるのでは?
状況説明がすべて台詞でつらかった。

・会話の切り替わりでキャラがどこからでてきたかわからない
加賀さんが突然出てきたり瑞鶴が何故か木の上にいたり。

・戦闘メインにしたいのか艦娘の感情描写メインにしたいのか
途中までの作戦シュミレーション+戦闘描写はクオリティ高くて良かった。
最後に黒吹雪のポエム→白吹雪のポエムで戦闘なしで解決ってのは盛り上がりに欠けると感じてしまった。

・誰が主役なのか 各艦娘のストーリーの中での役割
惜しいと思う所はあったけどアニメと比べてだいぶ改善されたと思う。

・作画がチープ
波の表現とか、3Dモデルとの切り替えとか。しゃーない部分はありそう

良かった点

・戦闘シュミレーション、描写
長門の戦隊編成&作戦の説明。わかりやすくてテンション上がった。

・艦娘が傷つくシーン
物理的なのもあったし精神的なのもあった。そういうとこぶっこんでくるのは高評価。
睦月ちゃんが敵棲艦に抑えられるシーンとか。

・艦娘轟沈からの深海棲艦化という公式による見解
今まで公式としては曖昧だった部分をはっきりテーマにしてきた。
中途半端にやるよりずっといい切り口だと思った。

・ラスボスが黒吹雪
自分との戦い~みたいな哲学的なのが入ってくるとすぐに付いていけなくなる僕でも今回のはすっと入ってきた。
デザインも、吹雪が自分と向き合って云々の描写も良かった。
本家イベで黒吹雪ラスボスとかならゲーム復帰まである。

・加古鷹
・・・に限らず、サブ組の扱い。
特に第六戦隊は魅せ場もらえたなぁ。
一瞬映るだけで台詞すらないけど、いろんな娘が出てくれるのは
ファンとしては嬉しいポイントだと思う。

・夕立の夜戦
大井っちと北上さんが構えてる真ん中から飛び出すのはええんか?と思ったけど
ソロモンの悪夢の躍動は十分に楽しめた。

・大淀さん左利き(どうでもいい)

まとめると

テーマ「艦娘と深海棲艦の関係」
→そのために轟沈した如月復活
→救うために吹雪が最深部へ

この流れは良くできてるけど、解決策として最後の最後に戦闘を持ってこなかったのがもったいない、
って感じですかね。


悪く言うつもりは無いです・・・が
艦これって題材もらってる以上、もったいないなって思いました。
アニメからはとても良くなりました。

加古鷹・第六戦隊ファンは見てください。